お疲れ様でした(*^_^*)

先週8日と本日15日に渡り、ベイシック ヘルスケアコースを開催いたしました。
今年に入っての集中豪雪と東日本大震災の影響で、延び延びになっていただけに
ちょっと張り切りすぎて、余計なことまで皆様にお話ししてしまったように思いますm(_ _)m

先週は感染症に絡めて
 o-111などの腸管出血性大腸炎、超多剤耐性結核菌などのお話し

今週は福島第一原発の大事故に絡んだ
 放射線のお話し

米沢市は福島第一原発から直線で90キロ位の距離です。
爆発後の放射性物質の拡散は、米沢くらい離れていると
爆発直後の風向きがその後の生活を左右すると言うことが
いろいろ調べていく中で納得できました。
あの時は原発の北西方向に風が吹いていて
その延長上にある飯舘村・福島市方向に放射性物質が流れたようです。
その延長線上に米沢市があるのですが
2000メートル程の吾妻山が立ちふさがり、高濃度の拡散は避けられたようです。

しかし、空気はつながっているわけだし
地表にある放射性物質の地下への浸透や、生態系への影響
私達の健康への影響
私は福島県を通り東京方面へ行くことが多いです。

みなさん不安だと思います。
爆発してしまったものを元に戻せと言っても無理でしょう。
今後、この地で生きていく上で
健康に留意する上で注意すべき事、心掛けること
今後懸念されること

これは、自分で調べていくしかないのでしょうか。
国民の自己責任なのでしょうか。

びっき沼の水芭蕉、安達太良の青空、三春のラベンダー畑、飯舘の草原の馬たち…
私の愛した、みんなの愛した風景は
一体どうなっていくのでしょう…
[PR]
by karen-7 | 2011-05-15 16:30 | アロマテラピー