<   2011年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

感じたこと

最近『幸福への近道』というタイトルのブログを読んでいます。
そのブログの中に
「水が切れかけた花に、後から水をあげるからネ」というフレーズがありました。
私の心がこのフレーズに反応しました。

震災から二ヶ月以上が経ち、被災地の方々、東北の私達、日本にいる一般の人たちみんな
頑張ろう、頑張らなきゃという気持ちの反面、どこか疲弊感が出てきているように感じます。
政治に期待する、自治体に期待する、専門家に期待する、奇跡を期待する…
期待する気持ちが疲弊感に変わりつつある気がします。

「後でお水をあげるからね」か…

朝から、考えさせられます。

よし!今日も一日セラピストコースレッスン
丁寧にいきたいと思います。
[PR]
by karen-7 | 2011-05-20 09:00 | 日々のこと

お疲れ様でした(*^_^*)

先週8日と本日15日に渡り、ベイシック ヘルスケアコースを開催いたしました。
今年に入っての集中豪雪と東日本大震災の影響で、延び延びになっていただけに
ちょっと張り切りすぎて、余計なことまで皆様にお話ししてしまったように思いますm(_ _)m

先週は感染症に絡めて
 o-111などの腸管出血性大腸炎、超多剤耐性結核菌などのお話し

今週は福島第一原発の大事故に絡んだ
 放射線のお話し

米沢市は福島第一原発から直線で90キロ位の距離です。
爆発後の放射性物質の拡散は、米沢くらい離れていると
爆発直後の風向きがその後の生活を左右すると言うことが
いろいろ調べていく中で納得できました。
あの時は原発の北西方向に風が吹いていて
その延長上にある飯舘村・福島市方向に放射性物質が流れたようです。
その延長線上に米沢市があるのですが
2000メートル程の吾妻山が立ちふさがり、高濃度の拡散は避けられたようです。

しかし、空気はつながっているわけだし
地表にある放射性物質の地下への浸透や、生態系への影響
私達の健康への影響
私は福島県を通り東京方面へ行くことが多いです。

みなさん不安だと思います。
爆発してしまったものを元に戻せと言っても無理でしょう。
今後、この地で生きていく上で
健康に留意する上で注意すべき事、心掛けること
今後懸念されること

これは、自分で調べていくしかないのでしょうか。
国民の自己責任なのでしょうか。

びっき沼の水芭蕉、安達太良の青空、三春のラベンダー畑、飯舘の草原の馬たち…
私の愛した、みんなの愛した風景は
一体どうなっていくのでしょう…
[PR]
by karen-7 | 2011-05-15 16:30 | アロマテラピー

猪苗代に行ってきました

4月30日と5月4日の2回に渡って猪苗代町に行ってきました。

30日にビルゴ洋菓子店に行ったのは、午後3時過ぎ
ほとんど売り切れ状態で…リベンジをねらっていました。
昨日は午前中のうちに到着できて、母の好きなカヌレを10個ゲットしました。
たぶん、買い占めてしまったと思いますm(_ _)m

タローカフェは2回とも並びましたが、カフェタイムを満喫できました。

猪苗代ICから郡山方面へ向かい磐越道に乗ると
新潟ナンバーの機動隊の車輌が何十台も連なっていました。
途中の磐梯山SAにトイレ休憩で立ち寄ったところ
駐車場の半分くらいが機動隊と自衛隊の車輌で埋め尽くされていて
降りてきた隊員さん達に声を掛けてみました。

宮城県内にご遺体の捜索に向かっている途中とのこと
「今回が3回目の捜索です」ということでした。
「大変なお勤め、お疲れ様です」と頭を下げました。

東北道を東京方面へ走ると
郡山付近から栃木県に入った辺りまで
歪みやヒビなどが激しくて、スピードが出せない路面状態でした。
改めて震災の爪痕をまざまざと見せつけられました。

明日からまた本格的にレッスンスタートです。
スムーズにレッスンが出来ますように。
[PR]
by karen-7 | 2011-05-05 22:04 | おでかけ